Search this site
京都・鷹峯 杉とひのきの家具工房「ワシタカ工藝」のブログ
<< 天神さん報告 | TOP | 今週末ショールーム営業日です >>
それは、悪霊レベル

先日ランチをしたとき

席に着いた途端ものすごくしんどくなってきました。

それまで結構歩き回っていたから、疲れが出たのだと思うのですが

一緒に店へ入った母に

「悪霊にとりつかれたように肩が重いんだけど」なんて

話してしまうくらい。

 

その数時間後、カフェに入りました。

そしたら、座った椅子がものすごく気持ちのいい木の椅子でした。

座面の当たり具合とか、背もたれのフィット感とか

コーヒーを飲み終えても立ち上がりたくないほど。

で、わかりました。

ランチをした店での悪霊の原因。

 

椅子がテーブルの高さに全然あっていなかったからでした。

座った瞬間、それが気持ち悪いなぁと感じてはいましたが、

疲れていたから余計、無意識のうちに

違和感が増幅されたのだと思われます。

考えてみると、これまでも

味や雰囲気は好きなのに、

椅子とテーブルの高さがあってなくてしんどい、と感じたお店

すぐにいくつか思い浮かびました。

それらのお店には結局リピートせずじまいでした。

 

 

座り心地のいいカフェの椅子、

どこのものですか?と店主に尋ねると

内装を担当した設計士さんに言われるままに買っただけなんです、と

製造メーカーの名前を教えてくれました。

帰って調べてみると、フォルケ・パルソンのJ77という椅子の復刻版でした。

1960年代にデザインされた、デンマークの知られざる名作椅子だそうです。

椅子マニアの主人に聞いてみると

もちろん知っていました。

 

ほう!

やっぱりよい椅子は細胞レベルでわかるものなんですね。

私、家具屋の嫁でありながら

恥ずかしいくらいに家具に無知なのですが

毎日よい椅子(!)に座り続けているためか

お尻センサーが磨かれたのかもしれません。

 

 

そのカフェは

普通の住宅街にある

ちいさなお店でしたが、

置いてあった椅子は、私が座った椅子含めて

すべてデンマークのデザイナーのものだとわかりました。

設計士さんのアドバイスに従って、

椅子をおろそかにせず、初期投資なさったオーナーさん、

素晴らしい!

見た目だけでなく、カフェとしての実質的なよさを提案された

設計士さんにもブラボー!

 

いくら料理の味やスタッフの対応がよくても

椅子の座り心地が悪ければ、お店全体の印象はマイナスになってしまいます。

椅子が悪い、と特定はできないにしても

なんとなく心地悪い・・・っていう感じは、もう

悪霊レベルにまで及ぶ場合もある、ということを身をもって発見しました。

 

視覚から入る心地よさはわかりやすいけど

テーブルや椅子のようにからだで感じる気持ちよさは

無意識のうちに得ているように思います。

なんかわからないけど、また行きたくなるお店っていうのは

そういうことの影響も大きいのかもしれません。

 

 

一日のうちに面白い経験をしたな。

お店だけでなく、自宅で使用される椅子も同じですよね。

憑かれたような肩の重みを感じておられる方、

ぜひ一度、椅子の見直しをおすすめいたします。

 

ショールームに座りにきてね〜

 

 

 

ショールーム 「WASHITAKA SHOP」
●営業日  毎週日曜日 13:00〜18:00

10月の営業日:2日、9日、16日、30日

11月の営業日:6日、20日、27日 ※13日は休みです

アクセスはこちら http://washitaka.jp/showroom.html
営業日以外はご予約訪問をお願いしております。
どうぞお気軽にご希望の日時をお知らせ下さいませ。
 wstk1018@yahoo.co.jp 075・495・0073



出店 「天神さん@北野天満宮」
毎月25日北野天満宮(京都市上京区)で開かれる市に出店しています。
クセス>>http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_access/


杉とひのきの家具工房 ワシタカ工藝
http://washitaka.jp/
ワシタカ工藝facebook

https://www.facebook.com/washitakakougei

 

 

posted by aya | 19:54 | 日々徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 19:54 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://washitaka.jugem.jp/trackback/1280
トラックバック