Search this site
京都・鷹峯 杉とひのきの家具工房「ワシタカ工藝」のブログ
<< 天神さん報告 | TOP | さくさく作業中 >>
今年はどうなる?!雲ヶ畑炭焼き

こんにちは、

京都・鷹峯の杉とひのきの家具工房「ワシタカ工藝」です。

 

ちょうど1年前の今頃、

普段山仕事でお世話になっている雲ヶ畑に、

唯一残る炭窯で炭が焼かれるということで

理想の森で採れた木も一緒に焼いていただきました。

 

炭焼きは1週間近く掛けて行われる大仕事。

昨年は、窯に材料の木を詰めるところをお手伝いさせていただき、

その後もちょこちょこと様子をのぞきに行ってはレポートをまとめました。

 

炭焼きレポート記事 ※日付が新しい順に並んでいるため、一番下の記事よりご覧ください。

http://washitaka.jugem.jp/?search=%C3%BA%BE%C6%A4%AD%A5%EC%A5%DD%A1%BC%A5%C8

 

 

今年は3月1日から始めるとのことで

少しだけ窯詰めのお手伝いに行きました。

 

昨年は窯の前でたき火を続ける「素焚き」の火が

初期段階に消えてしまったり、なかなか予定通り温度が上がらなかったりで

苦戦されていました。

今回は、そんな経験を踏まえて

改良と工夫を加えながら臨まれているようでした。

 

 

夫が炭焼きを見に行っている間、

偶然にも私は炭でサバを焼いていました。

雲ヶ畑で、七輪を日々の煮炊きに活用されている姿を知って、

私もベランダに七輪を常設し

ことこと煮たり、野菜や魚焼いたり、に使えるようになってきたのですが

子どもが産まれてから七輪はすっかり遠のいていました。

だってー、小さな子どもを見ながら

そんな余裕なしです。

 

でも、子どもも大きくなってきて、

今日買ったサバ、炭火で焼きたいなぁと久しぶりに七輪に炭をおこしてみました。

子どもはメラメラ燃える火を見て、おーすごい!と大喜び

うちわで扇いで、

焼けてくるサバに「いいにおい〜」、味見して「もっとちょうだいー!」と

とても楽しかったようです。

 

昔は幼子をおんぶしながら、薪や炭で料理していたんですもんね。

本当にすごいです。

尊敬。

 

 

途絶えつつある炭焼きの技術や文化。

継承されて欲しいと思う一方で

今の生活に「炭」って必要??という矛盾は、やっぱり消えることはありません。

でも、久しぶりに炭を使ってみて

火は面白いし、炭火は旨い、と改めて感じました。

私は火の扱いが全然上手では無いのですが、

それなりに、工夫しながら、美味しいサバは焼けて

子どもにとっても、一緒におままごとするより

炭火で遊ぶ方が断然楽しいよなぁと感じました。

 

なんか、こんな単純な動機でいいと思うのです。

現代の生活のなかにあっても

ずっと継承されてきた炭という恩恵に

ちょっとだけでも、楽しくふれて、

その背景にあった日本人の山との暮らしや想いを考えてみる。

ちょこっとでも、それを多くの人が共有できたなら

大切なことは残せるのではないかな、と感じた焼サバの味でした。

 

ほんと、炭火料理は美味しい!!

今年の炭焼きが順調に進みますように。

 

 

***

ワシタカ工藝の家具に会える場所

 

ショールーム「WASHITAKA SHOP」

杉材をたっぷり使ってリノベーションした山合いのアパートの一室に

椅子やテーブル、棚類などワシタカ工藝の定番家具約30点が並びます。

窓の外の緑や空を眺めながら、ゆっくりお過ごしいただける空間です。

お子さまと一緒でも大丈夫です。

お気軽にお越しください。

 

●営業は予約制です

ご来店希望の日時をメールかお電話でお知らせください。

メール wstk1018@yahoo.co.jp

電 話 075(495)0073

 

●アクセスはこちら

 

●2017年2月から予約制にて営業することに変更いたしました。

よろしければ営業に関する想いをお読みください>>こちら

 

 

出店「天神さん@北野天満宮」

毎月25日北野天満宮(京都市上京区)で開かれる市に出店しています。

アクセスはこちら

 

***

 

杉とひのきの家具工房 ワシタカ工藝
http://washitaka.jp/
ワシタカ工藝facebook

https://www.facebook.com/washitakakougei

 


 

posted by aya | 22:57 | 山仕事 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 22:57 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://washitaka.jugem.jp/trackback/1320
トラックバック