Search this site
京都・鷹峯 杉とひのきの家具工房「ワシタカ工藝」のブログ
マツタケ山への道

先週の土曜日は雲ヶ畑へ山仕事に行ってきました。

今、取り組んでいる作業は

理想の森の一角の松山を整備して、マツタケ生やして、マツタケ収穫祭をしようってこと。

マツタケの生える環境とは

腐葉土いっぱい、栄養たっぷりな山肌ではなく

養分がなく、比較的乾燥した場所だそうです。

 

そのためのステップとして

ステップ1 アカマツの生育を阻むような広葉樹などを伐る

>>これが、今まで4年程かけてやってきた作業。

ステップ2 柴や落ち葉を掻いて裸地にする

>>これを、今後やっていく作業となります。

範囲を区切って、熊手とチリトリをもってひたすら地掻き作業。

暑い。

とっても暑くて、くらくらしそうでしたが、

こんな感じで、山肌はとてもすっきり、さっぱり。

太陽光を地面に当てて土を殺菌するそう。

そして、この地道な作業は3年は継続しなければいけないそう、です・・・

只今マツタケ山の作り方を色々勉強中。

 

参加者はスタッフと山主さん+新規の方1名、と

ちょっとさみしくはありましたが

作業あとは冷やしそーめんと

すいかでリフレッシュしたのでした。

次の作業は8月6日です。

 

 

ショールーム 「WASHITAKA SHOP」
●営業日  毎週日曜日 13:00〜18:00
 7月の営業日:3日、10日、17日、24日、31日
 アクセスはこちら http://washitaka.jp/showroom.html
営業日以外はご予約訪問をお願いしております。
 どうぞお気軽にご希望の日時をお知らせ下さいませ!
 wstk1018@yahoo.co.jp 075・495・0073



出店 「天神さん@北野天満宮」
毎月25日北野天満宮(京都市上京区)で開かれる市に出店しています。
クセス>>http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_access/


杉とひのきの家具工房 ワシタカ工藝
http://washitaka.jp/
ワシタカ工藝facebook
https://www.facebook.com/washitakakouge

posted by aya | 11:55 | 山仕事 | comments(0) | trackbacks(0) |
【炭焼きレポート】窯出参加者募集

先月行われた、雲ヶ畑での炭焼き。
いよいよ焼きあがった炭を窯から取り出す作業「窯出」を
今週末に行います。
ご興味ある方はぜひお越し下さい。
どんな炭に焼きあがっているでしょうか〜
どきどき。

日時 2016年4月16日(土) 9時30分から

場所 理想の森の近くの炭窯(京都市北区雲ケ畑)
(地図 :https://mapsengine.google.com/map/edit?mid=z5lRnSSVhtOs.kvGre6lF9LFo

集合 午前9時30分

持ち物  昼食、水筒、汚れてもよい格好(長袖・長ズボン)、着替え、軍手、すべりにくい靴
    ※今回の作業は特に汚れてもいい格好と、マスクをお持ち下さい。

申込み
参加を希望される方は担当宛てに以下の項目についてご連絡下さい。
  1.氏名
  2.連絡先電話番号
  3.当日の交通手段(自転車・自家用車・バスなど)
     4.住所
  ★今年度最初の活動となりますので、ボランティア保険料500円が必要です。
   こちらにご加入いただくことで、1年間活動時の保険として適用されます。 

担当 渕上(risoh_forest@yahoo.co.jp)
  →ご連絡の際は「@」を小文字に変換してから送信して下さい。



ショールーム 「WASHITAKA SHOP」
●営業日  毎週日曜日 13:00〜18:00
 4月の営業日:3日、10日、17日、24日
 アクセスはこちら http://washitaka.jp/showroom.html
営業日以外はご予約訪問をお願いしております。
 どうぞお気軽にご希望の日時をお知らせ下さいませ!
 wstk1018@yahoo.co.jp 075・495・0073



出店 「天神さん@北野天満宮」
毎月25日北野天満宮(京都市上京区)で開かれる市に出店しています。
4月25日(月)日の出〜日没まで 
クセス>>http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_access/


杉とひのきの家具工房 ワシタカ工藝
http://washitaka.jp/
ワシタカ工藝facebook
https://www.facebook.com/washitakakougei
 

 
posted by aya | 13:18 | 山仕事 | comments(0) | trackbacks(0) |
【炭焼きレポート】着火〜窯閉め

さて、いよいよ炭焼きレポート終盤です。
材料の窯詰めをしてから素焚きを続け、
3日目(先週の土曜)の夜辺りには
窯内の温度が、炎が立ち上がると言われる85度まで
上昇すると予想されました。
けれども4日目(日曜)の朝になっても温度は70度台のまま、
昼になりようやく炎が立ち上がって
材料の木の上部に着火する、という状態になりました。

ここで窯の扉を閉めることで
時間を掛けて材料に着火した火を行き渡らせます。
1時間に5度ずつ窯内の温度が上昇し、270度に達したら
窯を完全に密閉して、炭焼きの完了となるのですが、
その後なかなか温度が上がってこなかったそうです。
そればかりか途中で温度上昇が止まり、再び素焚きをして
5日目(月曜)の夜中の2時半にようやく窯閉めができた、と報告がありました。

炭焼き、教科書通りにはいきませんねー!
むずかしい。
試行錯誤のなか最後まで窯の番、本当にお疲れ様でした。
10日経ったら窯の火が完全に消えるそうで
窯出しができるのは4月になってからです。
どんな風に炭が焼きあがったのでしょうか?!

ずっと、面白いとうわさに聞いていた炭焼き。
初めて現場に立ち合わせていただき、
後半は電話で細かく報告をしていただいて
片足分くらい経験できた感じがします。
炭焼き熱はしばらく続きそう・・・


ショールーム 「WASHITAKA SHOP」
●営業日  毎週日曜日 13:00〜18:00
 3月の営業日:6日、13日、20日、27日
 アクセスはこちら http://washitaka.jp/showroom.html
営業日以外はご予約訪問をお願いしております。
 どうぞお気軽にご希望の日時をお知らせ下さいませ!
 wstk1018@yahoo.co.jp 075・495・0073



出店 「天神さん@北野天満宮」
毎月25日北野天満宮(京都市上京区)で開かれる市に出店しています。
3月25日(火)日の出〜日没まで 
クセス>>http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_access/


杉とひのきの家具工房 ワシタカ工藝
http://washitaka.jp/
ワシタカ工藝facebook
https://www.facebook.com/washitakakougei




 
posted by aya | 20:26 | 山仕事 | comments(0) | trackbacks(0) |
【炭焼きレポート】素焚き3日目/明日ショールーム営業日

今日も行ってきました、炭窯。
夕方4時頃の温度は約70度。
炭焼きの山場である炎の出現は今夜になりそうです。
残念ながら今回はその瞬間に立ち会うことはできませんが、
こうして直治さんが炭焼きを継承して下さっているので
この先もチャンスは訪れるはず!
順調に炭焼きが進行しているようで何よりです。

窯の様子見に来ていた常次さんちに寄って一服させてもらっていた時
昔の話を聞かせてもらいました。

常次さんのお父さんも炭焼きをやっており
戦後まもない昭和20年代に炭窯を作ったそうです。
まだ魚は配給制だった時代、
窯作りの手伝いにきた人に振舞うため
配給所に魚とお酒を取りに行かされたことを
よく記憶しておられました。
昭和30年代になると炭の需要は減っていきましたが
薪や柴(焚きつけに使う細かな枝)はまだ売れたと言います。
小学校低学年の頃、
薪、柴をいっぱい積んだ荷車をご両親が引いて、
その後ろを押して町の燃料屋まで納めに行ったそうです。
帰りは荷車の中で寝ながら帰ってきたのだとか。
納める薪は丸太の状態で束ねられ
その後燃料屋さんで割って束ね直して売られるそうです。
割った方が薪がかさ増しするから。

エネルギーが確実に自分たちの手の中で生まれていた時代の話。
遠い昔のことのようだけど、
つい最近までの話なんですよね。

こういう話を聞くのは本当に面白いです。
便利さの恩恵を受けまくっている私たちがここに戻ることはできないし
完全に戻る必要もないと思うのですが、
知っておきたい、知りたい!と私は感じます。
もっと、こういう生きた歴史を学校で習いたかったなぁ。


炭のことばっかり書いておりますが
明日はショールーム WASHITAKA SHOPの営業日です!
お待ちしております〜


ショールーム 「WASHITAKA SHOP」
●営業日  毎週日曜日 13:00〜18:00
 3月の営業日:6日、13日、20日、27日
 アクセスはこちら http://washitaka.jp/showroom.html
営業日以外はご予約訪問をお願いしております。
 どうぞお気軽にご希望の日時をお知らせ下さいませ!
 wstk1018@yahoo.co.jp 075・495・0073



出店 「天神さん@北野天満宮」
毎月25日北野天満宮(京都市上京区)で開かれる市に出店しています。
3月25日(火)日の出〜日没まで 
クセス>>http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_access/


杉とひのきの家具工房 ワシタカ工藝
http://washitaka.jp/
ワシタカ工藝facebook
https://www.facebook.com/washitakakougei

 
posted by aya | 21:01 | 山仕事 | comments(0) | trackbacks(0) |
【炭焼きレポート】素焚き2日目



今日は朝の5時と10時に炭窯へ。
引き続き、炭の材料の前で焚き火をして
窯の温度を徐々に上げていきます。
この焚き火のことを「素焚き」というそうです。

昨晩は素焚きの火が消えてしまったり、
煙がなかなか出てこなかったりで
今回3度目の炭焼きに挑戦する直治さんは
眠れぬ夜を過ごされたそうです。

5時に様子を見に行ったときは
しっかり煙が出ていて、温度も順調に上がってきているようでした。
10時に行った時は
直治さんは出勤しなければならず
お父さんの譲二さんが窯の前で番をされていました。
炭焼きの経過について細かく教えていただいたり
昔の話を聞かせてもらったり
いい時間を過ごすことができました。

それにしても、炭焼きってすごい。
昔はみんな焼いていたとおっしゃていました。
譲二さんが炭焼きなどの山仕事を教わった、明治生まれのおじいさんは
日露戦争で徴兵され中国に駐留していたとき
あまりの厳しい寒さのなか
炭焼きをできる者はいないか?と問われ
戦争の最中に炭窯を作り、炭を焼いたそうです。
炭焼きの技術を現地の人に伝え
その炭が、凍える戦場での暖となったそうです。

炭が日常的に使われていたのは
そんなに昔のことではないのに、
ずいぶん遠くに来てしまったものだ!

炭窯で過ごしていると
なんだかタイムトリップしたみたいです。
家から車で30分なのに、
人里離れた山奥にいるような気分になります。
明日は、炭焼きの山場に差し掛かると思われます。
たのしみ。

ショールーム 「WASHITAKA SHOP」
●営業日  毎週日曜日 13:00〜18:00
 3月の営業日:6日、13日、20日、27日
 アクセスはこちら http://washitaka.jp/showroom.html
営業日以外はご予約訪問をお願いしております。
 どうぞお気軽にご希望の日時をお知らせ下さいませ!
 wstk1018@yahoo.co.jp 075・495・0073



出店 「天神さん@北野天満宮」
毎月25日北野天満宮(京都市上京区)で開かれる市に出店しています。
3月25日(火)日の出〜日没まで 
クセス>>http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_access/


杉とひのきの家具工房 ワシタカ工藝
http://washitaka.jp/
ワシタカ工藝facebook
https://www.facebook.com/washitakakougei



 
posted by aya | 21:01 | 山仕事 | comments(0) | trackbacks(0) |
【炭焼きレポート】窯詰め〜火入れ

雲ヶ畑に唯一残る炭窯。
高齢になった炭焼き職人さんに代わり
息子さんが技術を継承しようと奮闘されています。

今年は、理想の森で採れた木を一緒に焼かせてもらい
念願の‘‘理想の森の炭’’を作ります。
昨日からついに炭焼きが始まりました。
火の神様に無事をお祈りして
窯に木を詰め、火入れをするまでのお手伝いに行ってきました。


炭窯の入り口は腰を屈めた大人がやっと通れるくらい。
中の広さは2畳ほど。
そこへ軽トラ約3杯分の、炭の材料となる木を詰めていきます。

真っ暗な窯の中、ヘッドライトを灯しながら
85センチに切り揃えた木を1本ずつ縦向きに並べます。
詰め終えたら、
下の写真のようにブロックで壁を作り
壁の手前で薪を燃やし続け、
その熱と煙で中の木を燻し焼きにします。

最後は薪が燃える場所もレンガで閉じて、
継ぎ足しができる扉を取り付けます。
この扉から、火が絶えないように薪をくべ続けるのですが
燃やす、というより
くすぶった状態を保つようです。
様子を見に来た炭焼き職人のおじいちゃん、
乾いていない生木を、どんどん投入するように指示。
「そんなことしたら火消えるんちゃう???」
と、手伝いに来た誰もが思ってしまいます。

炭焼きの原理、理屈としては理解できるけど
ほんとにこれで、中に詰めた木が炭になるの?
まんべんなく熱が回るの?
くすぶった薪でそんな高温になるの?
頭のなかはハテナマークだらけ。



一日がかりで、無事に窯詰めをして火入れができました。
これからは4時間ごとに薪を足しに行くそうです。
3日掛けて窯の温度を上げていくと
ある瞬間に炎が上がり、窯内に充満したガスに引火して
青い炎が立ち込めるんだそうです。
その炎が材料の上部に着火し、窯の扉を閉めて
時間を掛けて火を行き渡らせます。
そして、280度に達したときに窯を完全に密閉します。

次は、夜の9時頃に薪を継ぎ足しに行くそう。
いつも山仕事で指導をしてもらっている常次さんは
小学生の頃、夜にお父さんに連れられて
提灯をぶら下げ、火の番へ行ったことを今でもよく覚えているそうです。
炭焼きの時は塩鯖と日本酒一本、だったようで
窯の前ではちょっとした男の宴会が開かれていたのでしょうか。
そんなこともあってか
火の様子を見にいきたいと
家に居ても落ち着かない主人です。

炭焼きレポートつづく。


ショールーム 「WASHITAKA SHOP」
●営業日  毎週日曜日 13:00〜18:00
 3月の営業日:6日、13日、20日、27日
 アクセスはこちら http://washitaka.jp/showroom.html
営業日以外はご予約訪問をお願いしております。
 どうぞお気軽にご希望の日時をお知らせ下さいませ!
 wstk1018@yahoo.co.jp 075・495・0073



出店 「天神さん@北野天満宮」
毎月25日北野天満宮(京都市上京区)で開かれる市に出店しています。
3月25日(火)日の出〜日没まで 
クセス>>http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_access/


杉とひのきの家具工房 ワシタカ工藝
http://washitaka.jp/
ワシタカ工藝facebook
https://www.facebook.com/washitakakougei

 
posted by aya | 16:23 | 山仕事 | comments(0) | trackbacks(0) |
炭焼きプロジェクト始動

土曜日の雲ヶ畑での作業レポート。
この日の作業は理想の森プロジェクト始まって以来
2度目の収穫作業でした。
13年ほど前から、杉やひのきが伐採された後の山に
どんぐりの実る木を植え始めました。
これまでは、毎年春の植林をメインに
植えた木の生長を助けるお世話が活動の中心でした。
昨年初めて育った木を伐採して薪にしました。
そして、今年は伐った木を炭に焼きます!

広葉樹はある程度育つと伐った場所から
新たな芽吹き(萌芽更新)が始まります。
年々鹿の害が深刻な雲ヶ畑。
最近は毒があると言われているシキミでさえ被害にあっているそうです。
せっかく萌芽更新しても、
新芽が鹿に食べられるのでは?ということが一番の心配でした。
けれども、鹿が届かないよう胸の辺りの高めの位置で伐ったこともあり
萌芽更新を確認することができました。
感動!
今年も胸の辺りの高さで、手ノコを使って伐っていきます。
参加者みんな、1本以上伐ることができたと思います。
その後500円玉より細い枝を落とし、
85センチの長さで切りそろえて
山から下ろします。
手で抱えると結構重く、
伐採よりも運ぶ作業の方が大変でしたが
軽トラ1杯程度の大収穫。
炭窯の前に積んで準備完了です。

天気が良いなか、色んな年代の参加者との作業は楽しかったです。
山での活動はいつもそうですが、
子どもも大人も、
それぞれ自分にあった役割を見つけて
自主的に動いてくれて、
パズルのピースのように
ひとつの仕事がはかどっていく感じが心地いいです。

ずっとやりたかった炭焼き。
第一段階を踏むことができました。
他にも伐れそうな木がたくさん残っていましたし、
萌芽更新もうまくいっていたので
この先も継続的に収穫ができそうです。
それと同時にまた植えていきたいな。

さぁ、いよいよ
水曜日から炭窯に詰めて、火を入れますよ〜

伐って、

運んで、

炭窯へスタンバイ。


ショールーム 「WASHITAKA SHOP」
●営業日  毎週日曜日 13:00〜18:00
 3月の営業日:6日、13日、20日、27日
 アクセスはこちら http://washitaka.jp/showroom.html
営業日以外はご予約訪問をお願いしております。
 どうぞお気軽にご希望の日時をお知らせ下さいませ!
 wstk1018@yahoo.co.jp 075・495・0073



出店 「天神さん@北野天満宮」
毎月25日北野天満宮(京都市上京区)で開かれる市に出店しています。
3月25日(火)日の出〜日没まで 
クセス>>http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_access/


杉とひのきの家具工房 ワシタカ工藝
http://washitaka.jp/
ワシタカ工藝facebook
https://www.facebook.com/washitakakougei



 
posted by aya | 20:50 | 山仕事 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年、ついに焼きます

                                                             photo by Junji Maeda
何を焼くかって?
炭です、炭〜
雲ヶ畑での森づくり活動「理想の森プロジェクト」に携わるようになって10年ほど経ちます。
理想の森を作れている、という実感は全然ないままですが・・・
かなりゆっくりペースでも
雲ヶ畑の山へ入り続けることができております。

初期の頃植林した広葉樹がそろそろ伐り時を迎えています。
伐ると、萌芽更新といって
切り口から新たな芽吹きがあるため、
適度に木を伐ってやることは山全体の新陳代謝になるようです。
かつての雲ヶ畑など山間地域では
こうして伐った木を炭に焼き、町の人に売ることが
生業となっていました。

理想の森で植えた木から炭を焼いて、
(炭の)収穫祭をすることは、ここ数年抱き続けていたユメ。
現在、雲ヶ畑にはたったひとつだけ炭窯が残ります。
炭焼き職人さんは高齢になってしまわれ、
息子さんがお仕事の傍ら、お父さんの炭焼きを継承しようと奮闘しておられます。
炭を焼くって、かつての私には想像もつかないことでしたが
雲ヶ畑に通うようになって、
長年の技術や経験、そしてタイミングを見極める勘がなければ
できない仕事だということを
少しずつ知っていきました。
今回は炭焼き職人、塚本 譲二さんの息子さん、直治さんが
3月の連休を利用して約一週間かけて焼かれる窯に
理想の森で伐った木も一緒に入れさせていただきます。

炭に焼くには、伐ったばかりの木でないといけないそうで
直前の3月12日に炭の材料の収穫作業を行います。
ご案内はこちら〜
http://risoh.exblog.jp/24142471/
これ以降の理想の森の活動は、
スタッフの都合に合わせた不定期なものになってしまうと思われます。
今年度最後の作業、
ぜひぜひご参加くださいませ!


ショールーム 「WASHITAKA SHOP」
●営業日  毎週日曜日 13:00〜18:00
 3月の営業日:6日、13日、20日、27日
 アクセスはこちら http://washitaka.jp/showroom.html
営業日以外はご予約訪問をお願いしております。
 どうぞお気軽にご希望の日時をお知らせ下さいませ!
 wstk1018@yahoo.co.jp 075・495・0073



出店 「天神さん@北野天満宮」
毎月25日北野天満宮(京都市上京区)で開かれる市に出店しています。
3月25日(火)日の出〜日没まで 
クセス>>http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_access/


杉とひのきの家具工房 ワシタカ工藝
http://washitaka.jp/
ワシタカ工藝facebook
https://www.facebook.com/washitakakougei


 
posted by aya | 14:39 | 山仕事 | comments(0) | trackbacks(0) |
イベントのご案内〜

ふだん山仕事でお世話になっている雲ヶ畑の久保さんちでの
おたのしみイベント・冬編を開催予定です。

内容は、じゃーん!(死語??)リースを作ります!
しかもリースの材料を自分たちで調達しに山に入るとこから始めます。
事前に用意しておく材料も全部雲ヶ畑で採れたものです。
本日試作に行ってまいりました。
ツルを巻いてつくった輪に
「ヒカゲノカズラ」というつる性の植物を巻いて土台を作り
松ぼっくりや実(名前忘れた・・・)、枝で飾りを付けてみました。
赤色はとりあえずフユイチゴで。
当日は「サルトリイバラ」という、山で引っかかったらめちゃくちゃ痛いけど
真っ赤でとてもきれいな実も用意する予定です。
土台のヒカゲノカズラは緑のままずいぶん長持ちしてくれるそうなので、
クリスマスが終われば、リボンを水引に替えて
お正月の飾りにしてもいいですね〜

リース作りなんて、初めてやりました。
私、こういう作業向いてないのよね・・・と思いながら
いつの間にか夢中になってすごく楽しかった!
久保家のあったかい薪ストーブのあるお部屋で
みんなでわいわいおしゃべりしながら作りませんか〜?
そして、お昼には薪で調理した
あつあつおでんなど、用意いたします。

先生として、雲ヶ畑をフィールドに自然保護活動や
自然観察会を開催されている「足谷の会」の方がお越し下さる予定です。
みなさん、植物にとっても詳しい方なので
お話を聞いているだけでほんとに飽きません。

お忙しい時期かと思いますが、
雲ヶ畑で冬のあったかいひととき過ごしませんか?


雲ヶ畑満喫するシリーズ・ふゆ編「里山の民家でリースづくり」

と き 12月16日(水)
ところ 京都市北区雲ヶ畑 久保家
集 合 9:30 雲ヶ畑バスもくもく号「白梅橋」停留所
    ※北大路バス停8:40発 白梅橋9:06着
解 散 14:00頃
    ※白梅橋バス停14:23発
参加費 3.000円(材料費、昼食付)
定 員 8名 ※先着順で〆切いたします
申 込 kumokurabu*yahoo.co.jp *を@にご変換下さい
    070・5343・5318(よしおかまゆみ)
持 物 山に入るための動きやすい服装、靴、軍手、はさみ



ショールーム 「WASHITAKA SHOP」
●営業日  毎週日曜日 13:00〜18:00
 12月の営業日:6日、13日、20日
 アクセスはこちら http://washitaka.jp/showroom.html
営業日以外はご予約訪問をお願いしております。
 どうぞお気軽にご希望の日時をお知らせ下さいませ!
 wstk1018@yahoo.co.jp 075・495・0073



出店 「天神さん@北野天満宮」
毎月25日北野天満宮(京都市上京区)で開かれる市に出店しています。
12月25日(金)日の出〜日没まで 
クセス>>http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_access/


「さる吉」販売中!
ワシタカ工藝の毎年恒例の干支小物、今年も販売開始いたしました。
さる吉 1匹 1.500円



杉とひのきの家具工房 ワシタカ工藝
http://washitaka.jp/
ワシタカ工藝facebook
https://www.facebook.com/washitakakouge
 




 
posted by aya | 20:19 | 山仕事 | comments(0) | trackbacks(0) |
餅マッキーでした

昨日の雲ヶ畑での餅つき×薪割りイベント
たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました!
理想の森の活動のいいところは、
いつも様々な年代の方が集まってくれることだと感じます。
小さなこどもを連れた親子から、大学生、大人の個人参加や夫婦参加など、
立場も年齢も色々な方が
一緒に作業をしながら仲良くなっていく光景が
すごく心地いいなぁと感じます。

参加者のみなさん、ぱかぱか薪割っては運んで
作業が大変はかどりました。
お餅も雲ヶ畑の三人のお母さんたちのご協力で
3回もつきました!
おぜんざいにきなこ餅にのり餅、おなかいっぱい、おいしかったです〜
ごちそうさまでした。



ショールーム 「WASHITAKA SHOP」
●営業日  毎週日曜日 13:00〜18:00
 11月の営業日:1日、8日、15日、22日、29日
 アクセスはこちら http://washitaka.jp/showroom.html
営業日以外はご予約訪問をお願いしております。
 どうぞお気軽にご希望の日時をお知らせ下さいませ!
 wstk1018@yahoo.co.jp 075・495・0073



出店 「天神さん@北野天満宮」
毎月25日北野天満宮(京都市上京区)で開かれる市に出店しています。
11月25日(水)日の出〜日没まで 
クセス>>http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_access/

杉とひのきの家具工房 ワシタカ工藝
http://washitaka.jp/
ワシタカ工藝facebook
https://www.facebook.com/washitakakouge





 
posted by aya | 19:59 | 山仕事 | comments(0) | trackbacks(0) |